引退した大山博美(競艇)の経歴は?成績や引退理由、娘の千広選手や旦那も紹介

ボートリーマン

サラリーマンをしながら、副業の競艇投資で毎月500万円以上の利益を出しているボートリーマンと申します!
競艇で勝てない、勝ってもトリガミになってしまう、自力予想では限界がある、そんな方は私が実際に利用している優良サイトを使って一緒に利益を出していきましょう!
❝情報を制す者が競艇を制す❞

今では女子ボートレーサーの人気というのは競艇界において必要不可欠な存在になっています。

昔競艇界は女子レーサーの人気は今よりも圧倒的になく、強い男子レーサーの存在が目立っていたので、女子レーサーにはそれほど注目も集まっていませんでした。

そんな女子レーサーの人気の火付け役と言えば、大山博美さんです。

今回はそんな大山博美さんの成績や引退理由、さらに大山博美さん娘についても記事にしていきたいと思います。

 大山博美さんはどんなボートレーサーだったのか?

プロフィール

名前大山博美
登録番号3317
生年月日1966/01/05
身長154cm
(現役当時)
体重48kg
(現役当時)
支部福岡
出身地福岡県
登録期61期
級別B1級

大山博美さんは元々歯科助手をしていましたが、当時女子レーサーの中でもアイドル的存在だった石原加絵さんが出演し、「一緒にやろうよ」というセリフで選手募集をしてたテレビCMを見てボートレーサーへと転身したそうです。

ボートリーマン

人生何がきっかけになるか本当にわからないものですね。

通算成績

グレード出走節数出走数勝率1着数1着率2連対率3連対率優出数優勝数
SG000.0000.00.00.000
G12173.7600.011.811.800
G2000.0000.00.00.000
G3403694.854010.826.046.110
一般17314734.371349.121.138.550
総合21518594.461749.422.039.860

大山博美さんはなぜ引退したのか?

大山博美さんは2018年10月1日の蒲郡オールレディースを最後に31年間の現役生活を終えています。

そんな大山博美さんがボートレーサーを引退した理由は、娘の大山千広選手の成長を見て引退を決意しました。

31年間もの長い期間、第一線で活躍していたというだけでも凄いことですが、娘の千広さんまでもボートレーサーになるとは、まさに競艇一家です。

そんな競艇サラブレッドの大山千広選手については後程詳しく書いていきます。

大山博美さんは結婚してる?旦那さんは誰?

離婚してるが旦那さんは不明

大山博美さんは現在離婚されており、旦那さんについて調べてみてもこれといった情報は出てこないのですが、もしかすると曽我部広忠さんでなないか?という噂がちらほらとされていました。

曽我部広忠さんは元ボートレーサーで、2005年に39歳で引退されています。

曽我部広忠さんの画像もも探してみましたが、これといった画像は見つかりませんでした。

一説によると、娘の千広さん”広”という漢字も一緒なのでそしかしたら・・・という声もあがっていますが、あくまでも推測の話なので定かではありません。

もし今後事実などがわかればすぐに追記していきたいと思います。

離婚の理由

大山博美さんが離婚した理由について調べてみましたが、理由についても報道になっていたりニュースにもなっていなかったので、特に詳しいことはわかりませんでした。

ですが、今自分の娘が女子レーサーのトッププレイヤーとして活躍していれば心から喜んでいることだと思います。

ボートリーマン

私が実際に使っているサイトを使って、競艇をギャンブルから投資へと変えてきましょう!

娘は賞金女王の大山千広選手

左・大山博美選手 右・大山千広選手

冒頭でも述べた通り、大山博美さんの娘は現在第一線で活躍し、2019年には最年少賞金女王にも輝いた大山千広選手です。

大山千広選手といえば可愛くて綺麗で、今の女子レーサーの中では人気、実力ともに間違いなくトップクラスの選手になります。

ボートリーマン

ちなみに大山千広選手の師匠は母・博美さんのようです!

大山千広さんはどんなボートレーサー?

名前大山千広
登録番号4885
生年月日1996/02/05
身長161cm
体重47kg
血液型O型
支部福岡
出身地福岡県
登録期116期
級別A1級

本当にボートレーサーなのか・・・と疑ってしまうほどの美貌の持ち主です。

これだけの美貌があって、A1級で男子レーサーに引けを取らないレースをするというギャップに私もやられてしまいそうです。(笑)

大山千広選手の通算成績

過去成績

  1. 2015年5月 福岡一般「九州プロレス杯」初出走
  2. 2016年11月 琵琶湖ヴィーナスシリーズ 初優出
  3. 2017年9月 福岡G3オールレディース 初優勝
  4. 2019年3月 SG初出場
  5. 2019年8月 蒲郡G1「第33回レディースチャンピオン」 初出場&初優勝(23歳6ヶ月での優勝は史上最年少)
  6. 2019年 賞金女王

この成績だけを見ても、その実力の高さはみてとれます。

23歳賞金女王に登り詰め、今現在もA1級で男子レーサーとの激しい戦いを繰り広げています。

この成績だけを見ても、その実力の高さはみてとれます。

23歳賞金女王に登り詰め、今現在もA1級で男子レーサーとの激しい戦いを繰り広げています。

そんな大山千広選手は女子レーサーではまだ誰も成しえていないSG優勝という目標を掲げて日々厳しい練習に励んでいます。

獲得賞金

  1. 2021年(5月22日現在) 275位 10,838,000円
  2. 2020年 118位 34,925,000円
  3. 2019年 30位 56,836,000円
  4. 2018年 163位 28,456,000円
  5. 2017年 465位 18,239,000円
  6. 2016年 1145位 8,920,000円

同期の女子レーサーと比べても、獲得賞金は圧倒的にずば抜けています。

これだけの数字を残せるのは、日々の努力と母博美さんの才能をしっかり受け継いでいるのだと思います。

母娘の直接対決は?

大山博美さんと大山千広選手は競艇界では史上初の母娘レーサーとして注目を集めました。

そんな2人は過去に直接対決が3回あり、母博美さんが2勝1敗と貫禄を見せつけて勝ち越しています。

ただ流石のちの賞金女王、千広選手も母のバトンを受け取るこのように1勝を上げているあたりは流石です。

母博美選手は「いつか私の前を千広が走ってほしい」と言っていたこともあったので、この娘の成長も引退の一つの理由なのではないかと私は思っています。

 まとめ

ここまで大山博美さんの現役時代の成績や、娘の大山千広選手のとのエピソードなどを書いてきました。

今は表舞台に出てくることはほとんどなくなってしまいましたが、これだけ頼もしい娘の活躍の裏には博美さんのサポートがあることは間違いなさそうです。

今後もボートリーマンは大山家の妻子い情報があれば追記していきたいと思います。

私は、競艇好きのサラリーマン。
競艇を始めた頃は、ただのギャンブルとして適当に自己予想をして楽しんでました。
しかし、自己予想では限界があると気付き、勝率をあげる為に行き着いたのが競艇予想サイトという競艇のプロが出す予想サイト。

そして110個の競艇予想サイトの検証を重ね、
①当たる予想サイトと当たらない予想サイトの見極め方
②予想サイトを使って、安定した利益を出し続ける方法を発見し、
それを無料LINE@で公開しています。
気軽に友だち追加待ってます!

ボートリーマン

友だち追加
競艇で勝てない、勝ってもトリガミになってしまう、自力予想では限界がある、そんな方は私が実際に利用している優良サイトを使って一緒に利益を出していきましょう!

ボートリーマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です