ボートレーサー原田才一郎の成績やデビュー戦、元競艇選手の父まで調査

ボートリーマン

サラリーマンをしながら、副業の競艇投資で毎月500万円以上の利益を出しているボートリーマンと申します!
競艇で勝てない、勝ってもトリガミになってしまう、自力予想では限界がある、そんな方は私が実際に利用している優良サイトを使って一緒に利益を出していきましょう!
❝情報を制す者が競艇を制す❞

こんにちは、ボートリーマンです。

ボートレーサー養成所であるやまと学校では毎年卒業記念競走が行われ、優勝者には「やまとチャンプ」という称号を手にすることができます。

今回は122期で第34代やまとチャンプに輝いた期待の若手レーサー、原田才一郎選手の主な成績や家族構成、プライベートまで紹介していきたいと思います。

原田才一郎選手ってどんな競艇選手?

まずは原田才一郎選手のプラフィールやこれまでの成績、獲得賞金や同期の選手、師匠について紹介していきます!

選手の情報を把握しておくことは、舟券予想にも役に立つよ思うので覚えておくとことをお勧めします!

プロフィール

名前原田才一郎
登録番号5028
生年月日1996/10/18
身長167cm
体重55kg
血液型A型
支部福岡
出身地福岡県
登録期122期
級別B1級
デビュー日2018/05/07

原田選手は福岡県県出身、福岡支部に所属する期待の若手レーサーです。デビュー戦は2018年5月7日に若松競艇場で開催された【マンスリーBOATRACEカップ】の第1レース。6コースからという不利なコースからのスタート。スタートで3着とまずまずの位置につけた原田選手は、1周目第2ターンマークで見事な「※抜き」が決まりデビュー戦にもかかわらずそのまま1着でゴールし水神祭を挙げました。この鮮烈なデビューは当時競艇界に大きな衝撃を与えました!

抜きとは
ボートレースでは1周第1ターンマークでの攻防によって1着が決まることが多いが、1周2マーク以降の道中に逆転して勝利する接戦も少なからずある。その場合の決まり手を「抜き」という。
B0AT RACE公式HPより引用

これまでの主な成績

  1. 2018年5月7日 若松一般【マンスリーBOATRACEカップ】1R 初出走
  2. 2018年5月7日 若松一般【マンスリーBOATRACEカップ】1R 初勝利
  3. 2020年8月15日 若松一般【日刊スポーツ杯お盆特選競走】12R初優出
  4. 2021年9月21日 徳山G1【第8回ヤングダービー】G1初出走

デビューから4年でG1にも初出走するなど、右肩上がりに成長していることがわかりますね!今後いくつのタイトルを手にしていくのかが今から楽しみで仕方ないです。

これまでの獲得賞金

  1. 2021年(9月28日現在) 423位 16,185,266円
  2. 2020年 704位 15,635,450円
  3. 2019年 1375位 6,491,000円
  4. 2018年 1452位 4,937,120円

3年目(24歳)には獲得賞金が大台の1,000万円を超え、現在はまだシーズン途中ではありますが既に前年の獲得賞金を超えていることがわかります。25歳で1,600万円を稼ぐとは、競艇には夢があるなーと改めて思わされますね(笑)

競艇選手の獲得賞金については、以下の記事で詳しく解説していますので合わせて参照してみてください!

競艇の生涯獲得賞金ランキング・歴代賞金王まとめ!男女別の最新版

同期の選手

原田選手の同期(122期)には、26名の選手が在籍しています。
※以下登録番号が早い順番

宮村勇哉選手、計盛光選手、伊藤尚汰選手、久永祥平選手、古場健也選手、粟田祥選手、安河内健選手、重冨勇哉選手、中亮太選手、金子千穂選手、渡辺空依選手、谷口知優選手、藤原孝斗選手、若林義人選手、櫻井優選手、福田翔吾選手、田頭虎親選手、金田智博選手、倉田茂将選手、木村颯選手、荒牧凪沙選手、畑田汰一選手、中村日向選手、渡邉健選手、平川香織選手

122期の中では原田選手を含め安河内健選手、畑田汰一選手、中村日向選手などの活躍が特に目立っています。

師匠は池永太選手

名前池永太
登録番号4364
生年月日1985/03/19
身長169cm
体重56kg
血液型A型
支部福岡
出身地宮崎県
登録期97期
級別A1級

競艇界には師弟関係が多く存在し、原田選手にも師匠がいます。原田選手の師匠は同じく福岡支部所属の池永太選手です。池永選手は通算優勝回数39回、現在もA1級で活躍している福岡支部のエースです。

弟子に自分の知識や経験を教えることによって実力がつくとによって、自分よりも強くなってしまったら‥‥と私なら考えてしまいますが、同じ地元や同じ支部の後輩の面倒を見るというのは選手同士の信頼関係があってこそ成り立っているんでしょう。

原田才一郎選手の家族も競艇選手

ここからは原田選手の家族について詳しく解説していきたいと思います。実は原田選手のご家族は、父親と弟もボートレーサーという競艇家族なんです。そんな父親と弟については以下で詳しく解説していきます。

父は元競艇選手の原田富士男選手

原田選手の父・原田富士男さんは2020年2月18日の唐津G1【第66回九州地区選手権】をもって現役を引退した福岡支部のレジェンドレーサーです。現役時代には「玄海のドーベルマン」というニックネームで多くのファンから親しまれ、引退後はボートレーサー養成所のやまと学校で実技教官に転身しています。

原田才一郎選手はとあるインタビューと際にボートレーサーを目指したきっかけを聞かれた際に

小さい時からずっと生活の中で父が恥っている姿を見てたので、自分もこの道にいくなと思ってました。

と答えているので、ボートレーサーを目指したきっかけは間違いなく富士男さんでしょう!

弟の原田雄次選手も競艇選手

名前原田雄次
登録番号5102
生年月日1998/02/16
身長167cm
体重52kg
血液型O型
支部福岡
出身地福岡県
登録期125期
級別B1級

父と息子がボートレーサーというのは競艇界では珍しいことでもないのですが、驚くことに原田選手の弟・原田雄次選手も競艇選手なんです!これはなかなか珍しいですし、まさに競艇一家だということがわかまりますね(笑)

雄次選手がやまと学校を卒業する際は、父の富士男さん、兄の才一郎選手も集まり親子写真も撮影されています。

こうして見ると兄のほうが父親に似ている感じがしますね!仲睦まじい写真でなぜかほっこりしちゃいます。

やまと学校での成績

冒頭でも述べた通り、ボートレーサー養成所であるやまと学校では毎年卒業記念競走が行われ、優勝者には「やまとチャンプ」という称号を手にすることができます。原田選手は122期の【やまとチャンプ決定戦】で見事に優勝し、第34代やまとチャンプに輝きました。歴代のやまとチャンプには太田和美選手や新田雄史選手、イケメンサーサーとしても圧倒的人気を誇る篠崎仁志選手など、今もSGやG1の第一線で活躍する一流選手も獲得してきた偉大なタイトルです。

こちらの動画の5分47秒あたりから【やまとチャンプ決定戦】の実際にレースを見ることができます。

原田才一郎選手の彼女や結婚事情について

原田選手の彼女や結婚事情について調べてみましたが、今現在そういった情報は一切出てきませんでした。ただ今25歳という年齢ですし、顔立ちもキリッとした爽やかなイケメンでこれだけ稼ぎがあれば世の女性たちは放ってはおかないでしょうね(笑)

何か進展があればこちらはすぐに追記していきたいと思います。

原田才一郎選手のSNS

原田選手のインスタグタム、ツイッター、YouTubeチャンネルなどのSNSについても調べてみましたが、SNSに関しても現在は確認することができなかったので今現在はやっていないんだと思われます。

レース以外の一面も見たいと思っているファンの人は多いと思うので、もしご本人がこの記事を見ていれば是非始めていただけると嬉しいです!(笑)

まとめ

ここまで競艇一家の長男、原田才一郎選手の成績や結婚事情、SNSについてなどを紹介してきました。

早く父の富士男さんのようにA1級で活躍する姿をみたいですし、兄弟揃ってSGでの優勝争いなんかも今後は盛れるかもしれませんね!まずは兄弟揃ってA1級を目指して頑張ってください!

ボートリーマンはこれからも原田才一郎選手、原田雄次選手を応援します!

私は、競艇好きのサラリーマン。
競艇を始めた頃は、ただのギャンブルとして適当に自己予想をして楽しんでました。
しかし、自己予想では限界があると気付き、勝率をあげる為に行き着いたのが競艇予想サイトという競艇のプロが出す予想サイト。

そして110個の競艇予想サイトの検証を重ね、
①当たる予想サイトと当たらない予想サイトの見極め方
②予想サイトを使って、安定した利益を出し続ける方法を発見し、
それを無料LINE@で公開しています。
気軽に友だち追加待ってます!

ボートリーマン

友だち追加
競艇で勝てない、勝ってもトリガミになってしまう、自力予想では限界がある、そんな方は私が実際に利用している優良サイトを使って一緒に利益を出していきましょう!

ボートリーマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です