競艇「高塚清一」さんの獲得賞金や成績を調査!最年長記録も更新?

ボートリーマン

サラリーマンをしながら、副業の競艇投資で毎月500万円以上の利益を出しているボートリーマンと申します!
競艇で勝てない、勝ってもトリガミになってしまう、自力予想では限界がある、そんな方は私が実際に利用している優良サイトを使って一緒に利益を出していきましょう!
❝情報を制す者が競艇を制す❞

こんにちは、ボートリーマンです。

今回は静岡県出身、静岡支部に所属するベテランレーサーの高塚清一選手を紹介していきたいと思います。

この記事では高塚選手の

  • これまでの主な成績や獲得賞金
  • 特徴や得意なコース
  • 最年長記録について
  • 引退予定
  • ボートレーサーの目指したきっかけ

などを紹介していきますので、最後まで目を通してみてください。また、記事の最後には競艇に関するお得な情報も記載しておきますので、お楽しみに!

高塚清一選手ってどんな競艇選手?

まずは高塚清一選手のプロフィールやこれまでの成績、獲得賞金について紹介していきたいと思います。
選手の情報を1つでも多く知っておく事は、自身の舟券予想にも役立つこともあるので覚えられるところは覚えておきましょう!

プロフィール

名前高塚清一
登録番号2014
生年月日1947/03/07
身長167cm
体重55kg
血液型O型
支部静岡
出身地静岡県
登録期20期
級別B1級
デビュー日1965/11

高塚清一選手は静岡県出身の静岡支部に所属するベテランレーサーです。
現在では現役最年長選手となっています。
デビュー戦は1965年11月に浜名湖競艇で開催されたレースでした。
またデビュー節で初勝利を上げました。

通算優勝歴

  1. 1999年12月5日 江戸川一般「(タイトル不明)」4号艇 4コース まくり差し
  2. 2004年4月12日 多摩川一般「一般競走」3号艇 5コース まくり差し
  3. 2013年1月29日 常滑一般「ウインターカップ」4号艇 4コース 抜き

年度別通算成績

出場節数出走数1着数勝率1着率優勝回数
1997年18143275.5518.8%0
1998年25188244.7212.7%0
1999年27231415.9917.7%1
2000年29245396.0415.9%0
2001年29245405.3116.3%0
2002年29237405.7416.8%0
2003年31276475.5117.0%0
2004年32272455.5516.5%1
2005年26229355.4915.2%0
2006年29249335.5713.2%0
2007年30251295.0211.5%0
2008年24211304.9014.2%0
2009年25214224.9510.2%0
2010年23183154.378.2%0
2011年27216225.0310.1%0
2012年27225305.4713.3%0
2013年29247445.5917.8%1
2014年27231304.7612.9%0
2015年24199215.1710.5%0
2016年26222235.1510.3%0
2017年23187165.038.5%0
2018年24200184.829.0%0
2019年23187264.8913.9%0
2020年25206194.569.2%0
2021年20167174.6810.1%0

これまでの獲得賞金

年代順位獲得賞金
2021年(11月19日現在)987位10,792,000円
2020年997位11,912,800円
2019年930位12,065,000円
2018年980位11,204,959円
2017年1053位10,479,000円
2016年781位11,968,000円
2015年728位12,354,000円

データの関係上2015年〜の獲得賞金しか出てきませんでしたが、上記の獲得賞金からもわかるように全く年齢を感じさせないレースをしていますね。競艇選手は他のスポーツ選手よりも現役で活躍できる期間が長いと言いますが、現在74歳で現役で活躍されるのには並大抵ではない努力をされているのではないでしょうか!

最年長記録を更新し歴代1位に!引退予定は?

「水上の格闘技」と言われているボートレースで74歳になった今も最年長現役レーサーとして活躍されている高塚清一選手。2020年7月12日にボートレース津で行われた「DMM.com杯争奪!バッチこいカップ」第2レースにおいて高塚清一選手が逃げを決め、
これまで最年長勝利記録を保持していた加藤峻二元選手(73歳)を塗り替え、歴代最年長勝利記録を更新しました。

いつまで続けるの?と思っている人も多いかもしれませんが、今のところ引退予定はないそうです。最年長記録をどこまで更新するか楽しみですね。

高塚清一選手の特徴や得意コース

歴代最年長勝利記録を更新され現役レーサーとして今も活躍されている高塚清一選手の特徴や得意としているコースについて紹介していきます。

レースの特徴

高塚清一選手のデビュー当時はモンキーターンなど全速力でターンをすることはない時代でしたが、時代が進むにつれてモンキーターンなどが主流になるとそれをいち早く取り入れて選手です。
高塚清一選手の特徴はセンターアウトからのレーススタイルで、進入時にスリットで先手を取って、内側の艇をつぶすように旋回する戦法で、「かまし屋」と言われているほどです!

得意コース

高塚清一選手はスタート一気からのまくりを得意とする選手です。前付けに来た選手には付き合わず、深い進入になるのを避けてダッシュを選択することがほとんどです。

高塚清一選手がボートレーサーを目指したきっかけ

ボートレーサーを目指すきっかけは、競輪選手だった父親の姿を見て育ったからだそうです。

「ここにいても仕方ない。」と地元の高校を中退し、浜名湖の競艇場を訪れ観戦した際に、「自分ならもっと上手く操作できる」と直感し競艇選手を志します。

その後試験に合格してプロレーサーになると、エンジンやプロペラの調整をすることで走りが見違えるように変わるのが楽しくて、ボートレースの世界にのめり込んでいったんだそうです。

高塚清一選手に弟子はいる?

高塚清一選手の弟子についての情報は調べても出てこないので最新情報が入り次第追記させていただきます。

高塚清一選手の結婚事情について

高塚清一選手の結婚事情や家族についての情報も公開されていないようで、調べても出てこないので最新情報入り次第追記させて頂きます!

まとめ

ここまで静岡支部の美人レーサー千葉真弥選手のこれまでの主な成績や獲得賞金、プライベートな一面まで紹介してきましたがいかがでしょうか?
現在はA1級を目指して技術を磨いている様なので今後の活躍にも期待できそうですね!
ボートリーマンはこれからも高塚清一選手を応援します!

私は、競艇好きのサラリーマン。
競艇を始めた頃は、ただのギャンブルとして適当に自己予想をして楽しんでました。
しかし、自己予想では限界があると気付き、勝率をあげる為に行き着いたのが競艇予想サイトという競艇のプロが出す予想サイト。

そして110個の競艇予想サイトの検証を重ね、
①当たる予想サイトと当たらない予想サイトの見極め方
②予想サイトを使って、安定した利益を出し続ける方法を発見し、
それを無料LINE@で公開しています。
気軽に友だち追加待ってます!

ボートリーマン

友だち追加
競艇で勝てない、勝ってもトリガミになってしまう、自力予想では限界がある、そんな方は私が実際に利用している優良サイトを使って一緒に利益を出していきましょう!

ボートリーマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です