【初心者必見】競艇予想のセオリー10選!勝つ為の舟券の買い方とは?

こんにちは、ボートリーマンです。

競艇は、競馬や競輪などの公営ギャンブルの中では一番予想が当たりやすい競技。

しかし、競艇のセオリーや基本的なことを知らずに参加しても、勝てるものも勝てません。

「競艇ってどんなセオリーがあるの?」
競艇予想のセオリーを知りたい!」

この記事を見ている人はこのようなことを思っていることでしょう。

そこで今回は、競艇に関する基本的なことから、競艇予想に関するセオリー10選やコース別のしっ上パターン、そして初心者にありがちな絶対にやってはいけない舟券の買い方を紹介します!

初心者の方はまずこの10個のセオリーを押さえて、競艇でしっかり勝てるようにしていきましょう。

また、インスタグラムでは競艇の勝ち方やプライベートなどを毎日更新しているので、すぐに競艇で稼ぎたい方はまずこちらをチェックしてみてください!

ボートリーマン

副業の競艇投資で毎月1000万円以上稼ぐ、ボートリーマンです! 私の”競艇で稼ぐノウハウ”をLINE@で無料配信してるよ!
ボートリーマンってなにもの?!
私は、競艇好きのサラリーマン。
競艇を始めた頃は、ただのギャンブルとして適当に自己予想をして楽しんでました。
しかし、自己予想では限界があると気付き、勝率をあげる為に行き着いたのが競艇予想サイトという競艇のプロが出す予想サイト。

そして110個の競艇予想サイトの検証を重ね
当たる予想サイトと当たらない予想サイトの見極め方
②予想サイトを使って、安定した利益を出し続ける方法
を発見し、
それを無料LINE@で公開しています。
この無料LINE@の目的は2つ
・私の必勝法を紹介し競艇で稼ぐ集団を作り、情報共有を重ね、さらに精度を高める
・競艇人気の底上げと、市場の拡大を図り、永続的な競艇投資での収益を確保する
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__34848937-1024x514.jpg

競艇予想にセオリーはあるの?

これは競艇に限った話ではないですが、当然セオリーはあります。

「競艇予想」に関するセオリーはもちろんあるので、予想をするなら覚えておくべきものになります。

このセオリーを全く知らずに予想をするのはお金をドブに捨てているようなものです。

当たる予想も当たらなくなってしまうので、予想をする前に絶対にセオリーは覚えておくようにしましょう!

競艇予想の10個のセオリー

ではここからは、本題の競艇のセオリーについて10個紹介します。

10個のセオリーとは以下になります。

  1. 1コース(1号艇)が一番有利
  2. 1周目1マークでほぼ勝負が決まる
  3. 一度前に出たらほぼ抜かれない
  4. スジ舟券を理解する
  5. 2コース艇の決まり手は差しがメイン
  6. 4カド艇は差し・まくり・まくり差しができる
  7. 追い風はイン有利
  8. 向かい風はアウト有利
  9. 湿度が低いとダッシュスタートが不利
  10. 湿度が高いとダッシュスタートが有利

1コース(1号艇)が一番有利

まず1つ目は、競艇では圧倒的にインコースが有利、特に1コース(1号艇)が超有利だということです。

勝負の世界に絶対はありませんが、それでも競艇では1コースの勝率が50%ほどあります。

つまり、2レースに1回は1コースの艇が勝つということ。

これは競艇をやるなら絶対に知っておくべきポイントです。

なぜ1コースが有利なのかというのは言うまでもなく、一番距離が短いからです。

インコースは走行距離が短くてすむので、勝率が高くなるんです。

ですから、競艇予想をするときは、まず1コースが1着にくるということを前提に考える必要があります。

1周目1マークでほぼ勝負が決まる

2つ目は、競艇のレースでは1周目の1マーク(1番最初のターン)でほぼ9割勝負が決まるということです。

ですから、競艇ではスタートから1マークを周り切るまでの数秒が一番熱く、興奮する場面になります。

1マークを回りきった時に、どの艇が先頭なのかに着目して見るようにしましょう!

一度前に出たらほぼ抜かれない

3つ目は、競艇では一度前に出たらほぼ抜かれることはないということ。

2つ目のセオリーと繋がってきますが、1周目の1マークで先頭に立てば、競艇ではその後抜かれることはありません。

その理由は、前に他の艇がいないため障害物がなく、一番いいコースで走れて、インコースでターンしやすくなるからです。

競艇では、1周目の1マークで1着が決まり、1周目2マークで2着が決まると言われています。

ですから、一度1着2着などの順位がついたら、ほとんどその順位は入れ替わることなくレースは展開されていきます。

スジ舟券を理解する

4つ目は、競艇予想をするためのセオリーになります。

競艇予想では、「スジ舟券」を理解することがとっても重要です。

1コースが一番勝ちやすいと言いましたが、1コースが勝つにはインコースで「逃げ」しかありません。

その場合のスジ舟券としては、

  • 2コース艇が1コース艇のイン差しをする場合→「1-2」or「1-3」
  • 2コース艇が出遅れた場合→「1-3」or「1-4」

という買い方になります。

また、2コース艇が出遅れた場合は3コース艇がまくり差しを成功するときもあるため、「3-1」などの買い方もできます。

そして、その他のスジ舟券としては、

  • 1コースが逃げ&2,3コース艇が出遅れた場合→「1-4」or「4-1」
  • 1コースが逃げ&3コース艇が出遅れた場合→「1-2」or「1-4」or「1-5」or「2-1」or「5-1」

という場合もあります。

2,3コース艇が出遅れた時には、4コース艇がまくりやまくり差しを決めることが多いため、1着や2着にくる場合があります。

また、3コース艇が出遅れた場合には2コース艇が1,2着に入る場合もありますが、3コース艇がいない分、4,5コース艇にもチャンスがあるため、4,5コース艇も1〜3着に入ってきます。

このように、競艇ではある程度勝ち方や買い方が決まっているものがあるので、スジ舟券をきっちり理解することは勝つために大事になってきます。

2コース艇の決まり手は差しがメイン

5つ目は、2コース艇の決まり手は「差し」がメインってことです。

2コース艇は自分より外の選手も意識しますが、まずはインコースにいる1コース艇に勝たないことには1着にはなり得ません。

ですから、1コース艇を追い抜こうと思ったら、1マークで1コース艇の内側を回る「差し」をするしかないんです。

1コース艇の外側を高速で回って勝つことも考えられないの?と思うかもしれませんが、そうすると、スピードが出すぎて周り切れず、外側の3,4コース艇に逆に抜かれてしまいます。

ですので、2コース艇の勝ち方は「差し」がメインになります。

4カド艇は差し・まくり・まくり差しができる

6つ目は、4コース艇は「差し」「まくり」「まくり差し」などいろんな勝ち方ができるってことです。

4コース艇は、外側のダッシュスタートをする艇の中では一番内側の艇になりやすいです。

そのため、4カド艇などと言われることが多いです。

4カド艇は、ダッシュスタート勢の中で一番内側なので、トップスピードでスタートでき、1マークでいろんな抜き方ができます。

ですから、4カド艇に上手い選手がいる時には、4カド艇が1着になる可能性が高くなりますから、注目してみましょう。

「逃げ」「差し」「まくり」などの競艇の決まり手についてよく知りたいという人は、競艇の基本的なルールから勉強してみてください。

追い風はイン有利

7つ目は、追い風の場合はインコースの選手が有利だってことです。

なぜか、それは追い風が強ければ助走距離が短いスロースタート勢でも早くスピードに乗ることができるから。

ですから、アウトコースのダッシュスタート勢に負けないスタートを切ることができます。

追い風が強い時は、1,2,3コース艇のインが有利だってことは忘れないようにしましょう。

向かい風はアウト有利

8つ目は、向かい風の場合はアウトコースの選手が有利になるということ。

追い風の場合はインが有利でしたが、向かい風が強い場合は逆になります。

理由は、向かい風が強いとスロースタートをするインコース勢が十分なスピードに乗れないことが多いからです。

ですから、向かい風が強い日のレースではアウトコースの選手、特に4コース艇はまくりやまくり差しなどが決まりやすくなります

湿度が低いとダッシュスタートが不利

9つ目は、湿度に関するセオリーです。

湿度が低いとアウトコースのダッシュスタート勢が不利になります。

湿度はモーターの出力と大きく関わってきます。

湿気を多く含んでいると、モーターの出力が弱くなり十分なスピードを出せなくなります。

ですが、湿度が低ければモーターの出力が低下することはないため、スロースタートを切るインコース勢でもスタートでスピードに乗ることができます。

そのため、湿度が低く空気が乾燥しがちな冬にはアウトコース勢よりもインコース勢の方が比較的勝ちやすくなります

このセオリーを季節に置き換えると、空気が乾燥しがちな冬にはスロースタート艇が有利であり、湿度が増す夏場にかけてダッシュスタート勢の仕掛けが決まり約なると言えます。

湿度が高いとダッシュスタートが有利

最後10個目は、湿度が高い場合はダッシュスタート勢が有利になるってことです。

これは9つ目のセオリーの反対ですね。

湿度が高いとモーターの出力が弱くなりますが、早い段階からモーターを熱しているダッシュスタート勢はスロースタート勢よりもモーターの湿気を飛ばすことができます。

そのため、ダッシュスタートをするアウトコース艇が有利になるんです。

ですから、湿度が増す夏場にかけてはダッシュスタート勢が仕掛けやすくなります

これが鉄板!初心者におすすめの舟券の買い方

ここまでのセオリーを踏まえて、初心者の方におすすめの舟券の買い方をいくつか紹介していきます。

ただし1つ理解しておいてほしいことは、あくまでもおすすめなのでこれが必ずしも的中するといったことではないので、そちらはご了承ください。笑

安定感を重視するなら1コースを1着

今現在の競艇において、1コースの勝率は50%近くあり、単純計算でも2レースに1階は1コースが1着という考え方になります。

なので安定感やとにかく的中させたいという方は

1-2-3
1-2-4
1-2-5

この辺りを抑えておくのがベストではないでしょうか。

ただしこの辺りは人気も集まりやすいので、配当が低くなるのも事実です。

なのであくまでも安定感と的中率を重視した買い方になります。

ボートリーマン流おすすめの買い目

1コースの勝率が50%もあれば、6コースが1着になる可能性は確かに引くと言えます。

ですが6コースが1着にならなくても、3着以内に絡んでくる可能性は大いにあります。

もし3着以内に絡んでくればそれだけで配当がグッと上がってくるのも事実です。

なので配当を重視しつつ、的中率もそれなりに求めたいという方には

1-2-6
1-3-6
1-4-6
1-5-6

といった買い目が私的にはおすすめなので、ぜひ実践してみてください!

ボートリーマン

私が実際に使っているサイトを使って、競艇をギャンブルから投資へと変えてきましょう!
わからないことがあればいつでも相談してきてください!
友だち追加

各コースごとの必勝パターン

先程も記述した通り、競艇はスタート時の位置と、1周目の1マークでほぼほぼの勝負はきまります。

それと同時に各コースごとの必勝パターンを知っておくとこで、さらに正確な予想が出来るようになります。

ここでは、各コースごとの必勝パターンと私なりのおすすめの舟券の買い方を解説していきます。

1コース

1コースは冒頭でも述べた通り、最も有利な内側にいるという利点を活かして
いかに他の艇よりも先に1週目の第一ターンマークを回るかどうかポイントになってきます。

スタートで大幅に出遅れるなどのトラブルがない限りは、基本的には利点を活かしたまま第一ターンマークに進入してくとこができ、そのまま逃げ切ることが1コースの必勝パターンです。

1頭のおすすめの舟券の買い方
1-2-3
1-2-4
1-2-5
1-2-6

2コース

2コースの勝ちパターンは、1コースの艇と第一ターンマーク間をするするっと抜けていく「差し」と呼ばれる勝ち方が必勝パターンです。

ただしこれに関しては、1コースの艇がターン時外に膨らんでくれないと成功確率は低いので、運とタイミングがあった時パターンが多いです。

2頭のおすすめの舟券の買い方
2-1-3
2-1-4
2-3-1
2-3-4

3コース

競艇ではうち3コース、外3コースでのスタートが主流になっている為、3コースは内枠の中で見れば一番外側ということになります。3コースの必勝パターンとしては、うち1コースと2コースよりも先に第1ターンマークに進入し、そのまま捲っていくというのが理想的な展開です。

3コースはは技術と一瞬の判断力がかなり求められるコースなので、3コースを1着で予想する場合は選手の積んでいるモーターや、級別などをみて判断するのが賢明だと思います。

3頭のおすすめの舟券の買い方
3-1-2
3-1-4
3-2-4

4コース

一方で4コースは外枠の1番内側ということになります。

4コースを得意とする選手も数多くいますが、4コースの必勝パターンは内側の艇がスタートで送れた時、もしくは『まくり差し』になる事が多いです。

まくり差しとは1週第一ターンマークでいくつかの艇をまくり、先行しようとした艇を差す戦法になります。

スピードと高度な技術が必要とされるので、一般戦などで4コースにA1級の選手などがいる際は狙い目かもしれません。

4頭のおすすめの舟券の買い方
4-1-2
4-2-1
4-1-3

5コース

5コースの必勝パターンは、4コースの一瞬の隙を見逃さずに奪取する、もしくはスタートダッシュと共に内側を奪取するという展開で理想的です。

4コースがまくり差しを狙うと、必然的に大きく外に回ることになるので内側に大きくスペースが生まれるので、その内側を狙って4コースを抜き去ることができれば一気にトップにたつことが多くなります。

5頭のおすすめの舟券の買い方
5-1-2
5-1-3

6コース

6コースは自力で勝つことはかなり難しいコースになります。

6コースの必勝パターンとしてはスタートで他5艇を置き去りにし、一気に内を取ってそのまま逃げ切るというのが1番理想的な展開になると思います。

もしくは4コース同様空いたスペースが生まれればまくり差しを決めるチャンスも出てきます。

6頭のおすすめの舟券の買い方
6-1-2
6-1-3
6-1-4

絶対にやってはいけない舟券の買い方

ここからは実際に舟券を購入する際に初心者の方がやりがちな絶対にやってはいけない舟券の買い方を紹介していきます。

もし当てはまっている方は、今後同じ様な購入方法はしないように心掛けていきましょう。

多点買い

多点買いというのは、読んで字のごとくにはなりますが点数をしぼり切れずに舟券を多く買ってしまう初心者には結構ありがちな買い方です。

点数とは
買い目の数を何点購入するのかという事。
例えば

1-2-3
1-2-4

の場合は2点ということになります。

人気のあるところを5点買おう!と決めていたのに、結局どこをかったらいいのかわからないから資金を分配しながら10点ほど買ってしまう・・・そんな経験がある方は多いのではないでしょうか。

私も競艇を始めた当時はこのような買い方をしていたのはここだけの話です。笑

このような買い方をしていると、結局的中してもトリガミになってしますことが多く、この買い方だとなかなか利益を取ることは難しいと思います。

トリガミとは
トリガミとは「取って損」と言われる舟券の当たり方で、舟券が的中したにも関わらず配当が低すぎて、舟券を購入する際に払った金額よりも払い戻し額が少なく収支がマイナスになってしまうこと。

例えば100円で10点購入したが、払い戻しは300円しかなかった場合は、収支はマイナス700円でトリガミになります。

博打買い

これはギャンブラー気質がある方に多い買い方で、大荒れ舟券を狙って一攫千金を狙う買い方です。

この買い方は1回的中すれば確かに一攫千金は夢ではありませんが、全部で120通りある中の1通りの大荒れ舟券を簡単に当てられるほど競艇は甘くありません。

私もこの買い方もよくしていましたが、まあ当たった試しがありません。

この買い方は正直お金を無駄にするだけなので、絶対に辞めておきましょう。

競艇で勝つ為には・・・

競艇のセオリーは理解できましたか?

それでは最後に、初心者が競艇で勝つためのポイントを1つお教えします。

それは、「自分1人で予想をしないこと」です。

競艇初心者のあなたが頑張って情報収集して分析して予想をしても予想のプロには勝てません。

運よく予想が当たる時もあるかもしれませんが、おそらくトータルで見れば負け越すでしょう。

そうならないためには、予想のプロの力を借りることが一番です。

ですから、私がおすすめするやり方は「競艇予想サイト」を活用すること

競艇予想サイトはあまり評判のよくないサイトも存在するため、いいイメージを持っていない人もいるでしょう。

しかし、本当にすごい優良な競艇予想サイトも中にはあります。

私が実際に使ってみて最高にいいと思った競艇予想サイトをいくつかピックアップしておきますので、ぜひあなたも競艇予想サイトを使って予想をしてみてください。

競艇予想サイトおすすめランキング!本物の当たる優良サイトのみを厳選

まとめ

いかがでしたか?今回は、競艇のセオリーについて紹介しました。

今回紹介した10個のセオリーを忘れずに競艇に参加するようにしましょう。

そうすればきっと、あなたの予想の仕方は以前と違うものになるはずです。

それではまた!

【超おすすめ】Club Ginga(クラブギンガ)の特徴/実績を解説!評判・口コミも紹介 【実費で検証】競艇LINERの予想は凄かった!特徴や評判・口コミを紹介 【高配当続出】競艇予想サイト「船国無双」の特徴まとめ!実績/評判も紹介 超当たる!競艇インパクト(競艇IMPACT)の特徴や実績/評判・口コミを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です